西18丁目駅から徒歩3分。大通、円山で腰痛、ぎっくり腰、肩こり、頭痛、坐骨神経痛、スポーツ障害、突発性難聴、メニエール病の治療を得意とする鍼灸院です。

北海道札幌市中央区北1条西16丁目1-30
旭堂第一マンション701号室

電話受付時間 09:00 〜 21:00

腰痛

HOME > 診療科目 > 腰痛

札幌で腰痛にお悩みの方へ

 

腰痛は現代の国民病

腰痛ここ数年、腰痛に悩む日本人の数は、2500万人いると言われております。
これは、 日本人の4人に1人は「腰痛持ち」ということになります。
腰痛は現代の国民病と言っても過言ではないでしょう。
長引く腰痛に「もう年だから仕方ない・・・。」と諦めていませんか?
そんな腰痛に鍼灸治療は大変効果的です。

こんな腰痛でお悩みの方に

  • レントゲンでは骨や神経には異常が見られなかった。

  • 痛み止めや湿布を処方されたが効果がなかった。

  • 整骨院、マッサージ等に通っていたが、その場凌ぎで効果が長続きしない。

  • ギックリ腰が癖になってしまっている。

 
当院には、上記のような腰痛を訴える方が多数来院されており、鍼治療の効果を実感されています。
 
 

大多数の腰痛は原因不明である

腰痛の原因はさまざまですが、腰痛のうち原因が特定できるものはわずか15%程度といわれています。
代表的なものは、腰椎圧迫骨折、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄などがあります。
その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。
 
一方、残りの約85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。
 
 

腰痛は病院では治らない?

つまり、ほとんどの腰痛の原因が病院では分からないという事です。
では何故、病院では腰痛の原因を特定できないのでしょうか?
 
それは、原因不明とされている腰痛の原因は、筋肉の緊張にあるからです。
腰痛で病院を受診すると、レントゲンやMRIを撮って、骨や神経に異常があるか調べます。
しかし、筋肉の状態までは写らないので、筋肉が過緊張している事は画像診断ではわかりません。
 
あとは、筋肉が痛みの原因になるという考えが、医者の概念にありません。
これらの理由で、本来は筋肉の過緊張が原因である腰痛も、原因不明と見逃されてしまっているのです。
 
 

腰痛を引き起こす要因

ズバリ、大多数の腰痛の原因は、筋肉の過緊張が原因であると先程述べました。
具体的には・・・

  • 腰を酷使するスポーツや仕事をしている

  • 座りっぱなしや立ちっぱなしの姿勢を長時間続けることが多い

  • 腰に負担の掛かる不良姿勢

  • 運動不足

  • 肥満

これらの要因で、腰に過度の負担がかかる状態が続くと、腰部の筋肉は緊張しっぱなしの状態になります。
筋肉の緊張状態が続くと、最初は重だるさや張り感が自覚症状として現れ、更に悪化すると痛みやしびれが出現し、最悪の場合はギックリ腰を引き起こすのです。
 
 

腰痛の鍼灸治療

実際に治療するにあたって、どの筋肉が腰痛を引き起こしているのか、痛む動作、姿勢、圧痛点から割り出して治療していきます。
 
大まかに分類すると・・・。
  • 腰を伸ばすと痛いタイプ⇒腸骨筋と大腰筋

  • 腰を曲げると痛いタイプ⇒脊柱起立筋と中殿筋

  • 腰を捻る、横に曲げると痛いタイプ⇒腰方形筋、小臀筋

  • 立ち上がる時に痛いタイプ⇒大腰筋、腰方形筋

このように、腰の表面~深部の様々な筋肉が腰痛の原因となります。
 
 

中でも重要なのが、深部にある筋肉への刺鍼です。

起立筋のような表面の筋肉ですと、マッサージや通常の鍼治療でもアプローチできるのですが
大腰筋等のインナーマッスルには、3寸(9cm)程度の長鍼でないと届きません。
慢性的な腰痛持ちの方や、重症の腰痛には必須の治療ポイントです。
 
当院では、患部に合わせ様々な長さの鍼を使い治療しますので、他では治らなかった腰痛も完治させる事ができます。
 
腰痛でお悩みの方は、諦める前に一度、当院の鍼灸治療をお試し下さい。